オランダ カップル ヨーロッパ 一人旅行 世界文化遺産 世界遺産 保存地区 北ヨーロッパ 夏休み 女子旅 家族旅行 立憲君主制国家 西ヨーロッパ

オランダ・キンデルダイク世界遺産の旅

更新日:

自由テキスト

【風車群は世界初の工業エリアと考えられています】

その昔オランダにやってきたナポレオンはザーンセスカンスに並ぶ600あまりの風車を見て「なんとユニークな!」と驚嘆したと伝えられています。 この風車群は世界初の工業エリアと考えられています。 250年後の現在も、ザーン地方の緑の家々と風車は大切に保存され、ピーナッツオイルを作る風車などを見学できます。 高さ40メートルを超える世界最大の風車をご存じですか? 南西のスキーダムという町にあります。 ここで風車はジンの元祖「ジュネバ」の醸造に活躍しました。 最も美しいと言われるのがキンデルダイクの風車。 干拓地が国土の約1/4を占めるオランダで、その国造りに貢献した19基の風車は、ユネスコの世界文化遺産に登録されています。 最盛期には1万の風車がオランダで活躍しています。 そして、いまでも1000ほどが国土に点在。 オランダ人にとって数世紀にわたり必要不可欠だった風車は、いまも大切に保存され、訪れる人々を待っています。



風車そのものは古くから知られていますが、それをもっともよく活用したのはオランダ人でしょう。 平らな国土に吹き寄せる風といった土地はまさにうってつけ。 風車の生み出すエネルギーは、粉引き、木挽き、プレス機、ポンプ機として利用され、小麦粉やマスタードなどの食料を作ったり、木材、塗料、油、紙などを産み出しました。 なかでも干拓地を作り、低地の排水に果たした役割は計り知れません。 世界第2位の農産物輸出を生み出すオランダ。 その農業の発展の土台に風車を使った農地整備がありました。

現存する風車約1000基のうち、アムステルダムのオッテル風車やライデンのデ・ファルク風車などは、現役で活躍しています。 またオランダの文化を伝えるため内部をミュージアムとして公開しているものもあります。 希望する人に風車を家として貸出し、安い家賃で住んでもらい、住人がメインテナンスをするという政策も活用されています。 国を作るため役に立ってきた風車を大事にし、次世代に残していこうというオランダの人々の心を感じます。



オランダ旅行のアルバムに「キンデルダイク」の写真がなかったら、そのアルバムは完成したとは言えないかも? 19基の風車は、大がかりな治水体系の一部として1740年頃に建設されたものです。 1997年、ユネスコの世界文化遺産に登録されました。 風車は川を挟んで対面に2列に並び、壮観な眺めを作っています。 7月と8月には風車が一斉に稼働する様子が見られます。 冬の間は、凍った運河でスケートを楽しむ家族連れを見かけます。 叙情豊かな四季折々の光景を是非写真に収めましょう。 キンデルダイクへの最寄りの大きな町はロッテルダム。 Rotterdam Lombardijen駅から90番のバスで40分。 またはロッテルダムのエラスムス橋の発着場からWaterbus社の定期船20番でRidderkerkまで35分。 そこからDriehoeksveer社のボートで5分。 天気のいい日はボートもおすすめです。
(オランダ&ベルギー・フランダース 政府観光局の共同オフィシャルサイト  https://www.hollandflanders.jp/ 引用)



-オランダ, カップル, ヨーロッパ, 一人旅行, 世界文化遺産, 世界遺産, 保存地区, 北ヨーロッパ, 夏休み, 女子旅, 家族旅行, 立憲君主制国家, 西ヨーロッパ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.