アフリカ アルジェリア カップル サハラ砂漠 一人旅行 世界文化遺産 世界遺産 北アフリカ 夏休み 女子旅 家族旅行

アルジェリア・ジェミラ世界遺産 の旅

更新日:

【アルジェリアには、ローマ時代の遺跡が3つ、世界遺産に】



アルジェリアには、ローマ時代の遺跡が3つ、世界遺産に登録されています。そのうちの一つが、前述の「ティパサ」、そして後述する「ティムガット」、そして「ジェミラ」です。ジェミラは山村にあって、ローマ時代に作られ、ローマの没落とともに消えていきました。その美しい遺跡は、1982年にユネスコの世界遺産(文化遺産)として登録されています。

「ジェミラ」に最も近い都市が、「セティフ」です。首都のアルジェと第3の都市コンスタンティーヌを結ぶ高速道路の途中にあります。街の起源は紀元前、アフリカの民族「ヌメディア人」が建設しました。ローマ時代には、この地域の中心都市となり、7世紀にはイスラム圏となっています。

海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアー



1945年、この地が再び世界で注目される事件が起きます。「セティフの大虐殺」です。1838年、フランス軍はセティフに侵攻し、街にはヨーロッパ系の入植者が溢れるようになりました。しかし、しセティフ市民は独立を求め、ナチス・ドイツが降伏た翌日に、フランス側が衝突をして、大虐殺されたのです。これがアルジェリア戦争へとつながり、アルジェリアは1962年にフランスから独立をします。



セティフの街には悲しい歴史がありますが、街は並木道や噴水、そして高地のため冬はアフリカでは珍しく雪が降り積もりフランス時代の雰囲気が漂っています。また、現在は急速な開発が進んでおり、次々と新しい建物が作られています。

-アフリカ, アルジェリア, カップル, サハラ砂漠, 一人旅行, 世界文化遺産, 世界遺産, 北アフリカ, 夏休み, 女子旅, 家族旅行
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2020 All Rights Reserved.