オーストリア カップル ヨーロッパ 一人旅行 世界文化遺産 世界遺産 中央ヨーロッパ 中欧 夏休み 女子旅 家族旅行 連邦共和制国家

オーストリア・グラーツ世界遺産の旅

更新日:

【国際見本市 や国際会議が開かれるヨーロッパでも有数の文化都市】


オーストリアにおいて、大規模な都市の一つとして知られているグラーツは、その歴史的・文化的価値を認められて、1999年に世界遺産として登録されました。当初は、グラーツの歴史地区のみが世界遺産に登録されていましたが、2010年になって「エッゲンベルク城」も世界遺産に認定されました。そのため、現在では、この世界遺産は、「グラーツ市街 歴史地区とエッゲンベルク城」という名称で呼ばれています。




グラーツは、かつて栄華を極めた、かのハプスブルク家によって発展を遂げたことで知られており、歴代の「神聖ローマ皇帝」も輩出しているなど、オーストリアの歴史と非常に深い関係を持っている場所です。そうした、この地とハプスブルク家とのつながりは、「フリードリヒ3世」が城を建造したことに始まると言われています。
今でも、この街には、数々の歴史的建造物が残されていますが、それに加えて、芸術や文化の中心地としても機能していることで知られています。

海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアー

シュタイヤマルク州の州都グラーツ Graz は、人口25万人余、ウィーンに次ぐオーストリア 第2の都市です。グラーツという名称はスラブ語で小さな城を意味する「グラデツ」に由来するとされており、古来、この町は東からの外敵に備える要塞の役割を果たしてきました。
皇帝フリードリッヒ3世は1438年〜53年の間にここに居城を置き、宗教改革期には 天文学者ケプラーが数学教師をしていたことがあります。また、400年以上の歴史を持つグラーツ大学と世界的に知られるグラーツ音楽院があり、国際見本市 や国際会議が開かれるヨーロッパでも有数の文化都市です。

エッゲンベルク城(グラーツ郊外)
グラーツ市街の西郊外に建つこの城は、皇帝フェルディナンド2世の宮廷顧問であったヨハン・ウルリッヒ・エッゲンベルク公の居城として1625年建築に着手されました。この四角い建物の四つの塔は四つの季節を、12の門は12ヶ月の月を、365個の窓は1年の日にちを表しています。美しい公園は、四季折々の美しさを呈し、人々の憩いの場となっています。1953年以降は博物館となり、豪華な内部が公開されています(冬期は閉館)膨大な美術コレクションは、豊臣期大坂図屏風を所蔵していることでも知られています。
(オートリア観光局公式サイト https://www.austria.info/jp 引用)



-オーストリア, カップル, ヨーロッパ, 一人旅行, 世界文化遺産, 世界遺産, 中央ヨーロッパ, 中欧, 夏休み, 女子旅, 家族旅行, 連邦共和制国家
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.