アフリカ イギリス連邦加盟国 カップル ケニア 一人旅行 世界文化遺産 世界遺産 共和制国家 夏休み 女子旅 家族旅行 東アフリカ

ケニア・コースト州の州都モンバサ世界遺産の旅

更新日:

【16世紀のポルトガル軍事要塞としては最もよく保存されていまる】

モンバサのジーザス要塞は、2011年に登録されたケニアの世界遺産で同国南部、インド洋に臨むコースト州の州都モンバサの港を見下ろす高台にあります。
この要塞は、モンバサを支配していたポルトガル人がモンバサ港を守るためにイタリア人建築家ジョバンニ・バティスタ・カイラティが設計し、1596年に建造しました。
ジーザス要塞はヨーロッパ様式の要塞がヨーロッパ以外で建設された最初のもので、その完璧な均衡と幾何学的調和はルネサンスの美学を具現しており、16世紀のポルトガル軍事要塞としては最もよく保存されています。



これ以降、モンバサは、アフリカ西海岸におけるポルトガルの貿易の中心地として栄えることになり、その後、イギリスの植民地支配の時代には、監獄として利用されました。

モンバサのジーザス要塞とはケニア南東の都市であるモンバサにあり、1593年に当時のスペイン王であるフェリペ2世の命令によって建設された要塞です。モンバサはインド洋に面し東アフリカで最古級の港町であることから、アジアやアラビア、東アフリカ各地から物産が集散していました。そのためインド洋の支配を目指したポルトガルにモンバサの支配を計画され、1500年から3回の攻撃を受けたのちに支配されたという歴史を持っています。その後1593年にフェリペ2世の命令によって、イタリア人建築家のジョヴァンニ・バティスタ・カイラティの指導のもと、モンバサ港を守るためにジーザス要塞の建設を始めたのが、この世界遺産誕生のきっかけです。その後はポルトガルとオマーンによる支配を奪い合う形となりましたが、オマーンによる支配下であった1885年にイギリスの植民地化が完成し、ジーザス要塞は牢獄として使用されることとなりました。

海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアー



この世界遺産の最大の特徴はヨーロッパ様式の美しいデザインが挙げられます。また現在でも保存状態が良く、そのデザインをじっくり見学することができることも魅力の一つです。なお現在モンバサのジーザス要塞はフォート・ジーザス博物館として一般公開されています。



-アフリカ, イギリス連邦加盟国, カップル, ケニア, 一人旅行, 世界文化遺産, 世界遺産, 共和制国家, 夏休み, 女子旅, 家族旅行, 東アフリカ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.