アフリカ カップル ザンビア ジンバブエ 一人旅行 世界自然遺産 世界遺産 共和制国家 南部アフリカ 国立公園 夏休み 女子旅 家族旅行

ジンバブエとザンビア・ヴィクトリアの滝・世界遺産の旅

更新日:



ヴィクトリアの滝はアフリカのジンバブエとザンビアの国境にある世界遺産です。イギリス人がヴィクトリア女王の名前にちなんでヴィクトリアの滝と名付けましたが、現地では「モシ・オア・トゥンヤ(雷鳴とどろく水煙)」と呼ばれています。 ヴィクトリアの滝の横幅は約1,700m、落差は約108m、さらに1分間に落下する水の量はに5億リットル(雨季)とまさに壮大です。 南アメリカのイグアスの滝、北アメリカのナイアガラの滝と並ぶ世界三大瀑布の一つに数えられています。

海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアー

ザンベジ川がザンビアとジンバブエの国境になっていることから、その途中にあるヴィクトリアの滝にはどちらの国からも訪れることができる。どちらの国にも滝を取り囲むように有料の自然公園が整備されている。公園は高い柵で囲まれており、公園に入らなければ滝に近づくことができない。いずれも遊歩道や展望台を備えているが、遊歩道には柵の無いところが多いため、断崖の先端まで行くことも可能である。

2つの国は滝と渓谷で隔てられているため、公園内での行き来はできない。ザンビア側とジンバブエ側の両方を見るにはヴィクトリアフォールズ橋の国境を越える必要がある。互いの入場口は2kmほど離れている
ザンビア側からは主に First Gorge 峡谷の北側、すなわち滝の上流および下流の東側の一部を訪れることができる。落ちていく水を上流側から間近に見ることができるのはザンビア側だけである。水量の少ない時期には滝の断崖を歩くこともできる。上流側は滝の迫力からは想像もつかないほど流れがゆるやかであり、川遊びも可能である。下流からは滝を正面から眺めることもできる。ただし、ザンビア側から見えるのはもともと水量が少ない滝の東側であり、渇水期には滝が枯れて単なる断崖にしか見えなくなることもある。



ジンバブエ側からは主に First Gorge 峡谷の南側、すなわち滝の下流の大半を訪れることができる。滝を正面から見ることができるうえ、西側は水量が多いため渇水期でも滝の迫力を楽しめる。とくに、ヴィクトリアの滝を象徴する Devil's Cataract や Main Falls はジンバブエ側でしか見ることができない。反面、増水期には噴煙で滝がほとんど見えないこともある。



最も刺激的なアトラクションの一つに Devil's Pool がある。これは滝の淵、まさに滝が流れ落ちるその場所にある天然のプールで、水量の少ない時期(おおむね9月から12月まで)には実際に入ることができる。Devil's Pool はリヴィングストン島から西に50mほど離れており、ボートなどでリヴィングストン島に上陸してから Devil's Pool に向かう。時期によってはリヴィングストン島から Devil's Pool まで自力で泳ぐ必要がある。基本的に安全ではあるものの、死亡事故も何件か起きている。

名称 ヴィクトリアの滝
国 ザンビア・ジンバブエ
登録区分 世界自然遺産
登録年 1989年

(Wikipedia 引用)

-アフリカ, カップル, ザンビア, ジンバブエ, 一人旅行, 世界自然遺産, 世界遺産, 共和制国家, 南部アフリカ, 国立公園, 夏休み, 女子旅, 家族旅行
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.