カップル ポルトガル ムデハル・ゴシック・マヌエル・ルネサンス ヨーロッパ 一人旅行 世界文化遺産 世界遺産 共和制国家 南ヨーロッパ 夏休み 女子旅 家族旅行

ポルトガル・シントラ世界遺産の旅

更新日:

【古い町並みが残る場所では道が狭く急で、地面にはでこぼこ】



シントラ は、ポルトガルの都市で、首都・リスボンに隣接する地方自治体である。シントラの市街地には約27,000人が居住しているが、市全域では、36万人を超える人口を誇る。ムーア人が築いた城の跡や、ポルトガル王室の夏の離宮など、様々な年代の文化財が集積していることから観光地として有名であり、また、ユーラシア大陸最西端のロカ岬への観光の拠点でもある。

海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアー

ポルトガルの首都リスボンの北西部にあるシントラ。夏は涼しく冬は温暖な気候から、紀元前5000年頃にはすでに人間が定住していたといわれている。緑が豊かで自然に囲まれ、いたるところから泉が湧くシントラには歴代のポルトガル王たちが離宮を築き、18世紀から19世紀にかけてはイギリスの富豪たちがこぞって別荘を建てたとあって、ここの見ものはユニークな建築群ポルトガルの伝統的なタイル作品をはじめ、ムデハルやゴシック、マヌエル、ルネサンスなどの様式が混在する王宮にはイスラム風の礼拝堂も残り、厨房の煙突が目をひく。詩人バイロンが「この世のエデン」とたたえた街の文化的な景観が評価され、宮殿群や城跡を含むシントラの文化財は、「シントラの文化的景観」として1995年世界遺産に登録された。

「シントラの文化的景観」として世界遺産に登録されているシントラは、リスボンからのアクセスもよく、人気の高い観光スポットです。ポルトガルの黄金時代を築いたマヌエル1世が、インドやブラジル“発見”の知らせを聞いたのも、まさにこの地でした。巨大なとんがり帽子のような2つの煙突が目を引くシントラ宮殿は、ポルトガルでもっとも保存状態がよいとされている中世の王宮。一方、ペーナ宮殿は、様々な建築様式が混在する、おとぎ話に出てきそうなユニークなお城です。



-カップル, ポルトガル, ムデハル・ゴシック・マヌエル・ルネサンス, ヨーロッパ, 一人旅行, 世界文化遺産, 世界遺産, 共和制国家, 南ヨーロッパ, 夏休み, 女子旅, 家族旅行
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.