アフリカ イギリス連邦加盟国 カップル 一人旅行 世界自然遺産 世界遺産 共和制国家 南アフリカ 夏休み 女子旅 家族旅行

南アフリカ・フレデフォート・ドーム世界遺産の旅

更新日:

【世界最大で世界最古の隕石跡でもあります】

フレデフォート・ドーム. フレデフォート・ドームは、南アフリカ共和国フリーステイト州にある直径190キロメートルに及ぶ世界最大の隕石衝突跡である。ヨハネスブルグの南西120kmの位置にあり、現存する世界最古の隕石跡でもあります。 形成時のクレーター全体の大きさは、約300キロメートルで東京から名古屋までの距離に相当します。



今から約20億2300万年前の古原生代に直径10から12kmの小惑星が速度約20km/sで衝突し、フレデフォート・ドームが生成されたと考えられています。

フレデフォート・ドームは、南アフリカ共和国フリーステイト州にある世界最大の隕石衝突跡(クレーター)である。現存する世界最古の隕石跡でもある。2005年7月に開かれた第29回世界遺産委員会で世界遺産の自然遺産物件として登録された。

フレデフォート・ドームはヨハネスブルグの南西120kmの位置にある。隕石の衝突跡の直径は約190kmと世界最大。隕石の衝突跡は、中央のドーム(直径約50km)とそれを取り囲む外輪山(リング)からなる。



今から約20億2300万年前(古原生代)に直径10から12kmの小惑星が速度約20km/sで衝突し、フレデフォート・ドームが生成されたと考えられている。衝突時のエネルギーはTNT火薬に換算して87Tt(テラトン、広島型原爆が約15kt、即ち58億倍) にのぼる。この時の衝突で地殻はえぐられ、地下25kmまで到達したと考えられている。この時の衝突熱でマントルが溶融して多量のマグマが発生し、大量の岩石が蒸発し、急激に冷却したことを示す地質が確認されている。また衝突による地殻の溶解と攪拌により金鉱床が形成された。



衝突後まもなくのドームの大きさは300km程度あったと推定されているが、現在は長年の侵食により50km程度が残る。
(ウィキメディア 引用)

-アフリカ, イギリス連邦加盟国, カップル, 一人旅行, 世界自然遺産, 世界遺産, 共和制国家, 南アフリカ, 夏休み, 女子旅, 家族旅行
-, , , , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.