アジア カップル チベット自治区 一人旅行 世界文化遺産 世界遺産 中国 夏休み 女子旅 家族旅行 東アジア

中国・(チベット自治区)・ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群の旅

更新日:



【チベット動乱によるダライ・ラマ14世の亡命後は、中国政府に接収される】

中国チベット自治区の都・ラサは、チベット仏教最高峰の地です。そして、チベット仏教の最高位にあった歴代ダライ・ラマが、政治的・宗教的な場所として使用した「ラサのポタラ宮」は、1994年に世界遺産に登録されました。また2000年には、同じくラサにある「ジョカン寺」2001年にはダライ・ラマの夏の離宮として利用された「ノルブリンカ」が追加登録され、現在ではこれらの建築物がまとめられて、「ラサのポタラ宮と歴史的遺跡群」として世界遺産に登録されています。

ポタラ宮は、中国チベット自治区の首府ラサのマルポリ(紅山)の上にあり、1959年に中国政府に接収されるまで、長らくチベットの政治と宗教の中心でした。「ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群」として世界遺産に登録されています。 ポタラ宮の建造. 7世紀半ばにチベットを統一した吐蕃第33代王ソンツェン・ガンポによって築かれた宮殿遺跡を、ダライ・ラマ5世が拡充し、1642年に建造。標高3700mに位置し、13階建てで、総高は基部より117m、建築面積は1万3000㎡に及びます。

海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアー



ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群とは、中国チベット自治区のラサにある世界遺産で、『ポタラ宮』・『トゥルナン寺(大昭寺)』・『ノルブリンカ』の3つが含まれています。ポタラ宮のポタラとは観音菩薩の住む場所を表すサンスクリット語「ポタラカ」に由来します。この地はチベット仏教の聖地であり、またチベットの政治・文化の中心でもあるのです。



1642年、チベット政府「ガンデンポタン」成立後建造され、1659年からダライ・ラマが常駐したポタラ宮ですが、1755年ダライ・ラマ7世によってノルブリンカが建設された後は、冬の政府拠点となりました。
1959年、チベット動乱によるダライ・ラマ14世の亡命後は、中国政府に接収され、現在は博物館となっています。

-アジア, カップル, チベット自治区, 一人旅行, 世界文化遺産, 世界遺産, 中国, 夏休み, 女子旅, 家族旅行, 東アジア
-, , , , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.