アジア カップル 一人旅行 世界文化遺産 世界遺産 中国地方 九州 佐賀 夏休み 女子旅 家族旅行 東北 熊本 福岡 長崎 静岡 鹿児島

明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業 世界遺産の旅

更新日:

【明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業(めいじにほんのさんぎょうかくめいいさん せいてつ・せいこう、ぞうせん、せきたんさんぎょう)】



明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業(めいじにほんのさんぎょうかくめいいさん せいてつ・せいこう、ぞうせん、せきたんさんぎょう)

世界遺産に登録された平成27年7月の世界遺産委員会決議において、本市の構成資産である旧集成館、寺山炭窯跡、関吉の疎水溝を含む「明治日本の産業革命遺産」のすべての23構成資産について、「保全措置の計画及び実施計画」を策定し、2017(平成29)年末までに、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)世界遺産センターに提出することなどの勧告が付議されました。

このことを踏まえ、本市では、これらの本市構成資産を内包する国指定史跡及び名勝の価値を、適切に保存し公開・活用を進めていくため、所有者と連携・協力しながら、将来像の実現に向けた具体的な手法等を示す「集成館修復・公開活用計画」を策定しました。





山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・鹿児島・岩手・静岡の8県に点在する。西洋から非西洋世界への技術移転と日本の伝統文化を融合させ、1850年代から1910年(幕末 - 明治時代)までに急速な発展をとげた炭鉱、鉄鋼業、造船業に関する文化遺産であり、稼働遺産を含む世界遺産は日本では初めてとなった。

「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼,造船,石炭産業」は西洋から非西洋への産業化の移転が成功したことを証言する産業遺産群により構成されている。19世紀後半から20世紀の初頭にかけ,日本は工業立国の土台を構築し,後に日本の基幹産業となる造船,製鉄・製鋼,石炭と重工業において急速な産業化を成し遂げた。一連の遺産群は造船,製鉄・製鋼,石炭と重工業分野において1850年代から1910年の半世紀で西洋の技術が移転され,実践と応用を経て産業システムとして構築される産業国家形成への道程を時系列に沿って証言している。




具体的な物件   萩反射炉,恵美須ヶ鼻造船所跡,大板山たたら製鉄遺跡,萩城下町,松下村塾,旧集成館,寺山炭窯跡,関吉の疎水溝,韮山反射炉,橋野鉄鉱山,三重津海軍所跡,小菅修船場跡,三菱長崎造船所第三船渠,三菱長崎造船所ジャイアント・カンチレバークレーン,三菱長崎造船所旧木型場,三菱長崎造船所占勝閣,高島炭坑,端島炭坑,旧グラバー住宅,三池炭鉱・三池港,三角西港,官営八幡製鐵所,遠賀川水源地ポンプ室

所在地   福岡県北九州市,大牟田市,中間市,佐賀県佐賀市,長崎県長崎市,熊本県荒尾市,宇城市,鹿児島県鹿児島市,山口県萩市,岩手県釜石市,静岡県伊豆の国市

文化庁(推薦概要(日本語)へのリンク先)

文化庁2(位置図へのリンク先)

内閣官房産業遺産の世界遺産登録推進室へのリンク先
【URL】http://www.cas.go.jp/jp/sangyousekaiisan/index.html
(文化庁 引用)

-アジア, カップル, 一人旅行, 世界文化遺産, 世界遺産, 中国地方, 九州, 佐賀, 夏休み, 女子旅, 家族旅行, 東北, 熊本, 福岡, 長崎, 静岡, 鹿児島
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.