アジア カップル 一人旅行 世界文化遺産 世界遺産 国の重要文化財 国史跡 夏休み 女子旅 家族旅行 日本 群馬県 関東

群馬・4市3町1村 世界遺産の旅

更新日:

【1920年代には世界一の生糸輸出国に】

富岡製糸場と絹産業遺産群(とみおかせいしじょうときぬさんぎょういさんぐん)は、. 地元養蚕の伝統を背景に、フランス技術を導入した富岡製糸場の生糸の生産技術は、高品質の絹の大量生産を可能にし、世界の絹産業の発展に貢献したこと; 富岡製糸場と一連の絹遺産群は、生糸の大量生産のための集合体として優れていること; 富岡製糸場の建物群は、和洋折衷という日本特有の産業建築様式(木骨煉瓦造)として貴重であること. などが評価され、2014年、文化遺産に登録された。



明治政府の国策として明治5年(1872年)に建造された富岡製糸場は、フランス技術を導入した生糸の大量生産によって、養蚕・製糸にかかわる一連の絹産業を発展させ、群馬県域をわが国有数の絹産業の地にした。その先進的な技術は国内各地に伝播され、さらに養蚕の技術革新が進み、原料繭の大量生産に成功した。

【格安!国内航空券】エアブックマーク



1920年代には世界一の生糸輸出国になり、安価で良質な生糸を輸出し、高級繊維の絹をより身近な存在に変えた。戦後は、生糸生産のオートメーション化にも成功、自動繰糸機は全世界に輸出され、絹の大衆化に貢献、世界の絹産業を支え、産業の近代化に貢献した近代産業遺産としてはわが国では初登録となった。

富岡製糸場と絹産業遺産群は、世界経済の貿易を通じた一体化が進んだ19世紀後半から20世紀にかけて、高品質な生糸の大量生産の実現に貢献した技術交流と技術革新を示す集合体です。その結果、世界の絹産業の発展と絹消費の大衆化がもたらされた。



記載物件名 富岡製糸場と絹産業遺産群
具体的な物件    富岡製糸場,田島弥平旧宅,高山社跡,荒船風穴
所在地        群馬県富岡市,伊勢崎市,藤岡市,甘楽郡下仁田町

-アジア, カップル, 一人旅行, 世界文化遺産, 世界遺産, 国の重要文化財, 国史跡, 夏休み, 女子旅, 家族旅行, 日本, 群馬県, 関東
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.