アジア カップル 一人旅行 北海道 国定公園 夏休み 女子旅 家族旅行 日本 温泉 道南

北海道・函館・湯の川温泉の旅

更新日:

【北海道の三大温泉郷に数えられる湯の川温泉】



藩主を癒した湯の川温泉、1653年(承応2年)、松前藩主九代・高広(幼名 千勝丸)が難 病にかかり、病は日に日に悪化していき、ある夜母の清涼 院は「松前城の東にある温泉に行けば、どんな病も治る」と いう夢を見ます。その温泉に千勝丸を湯治させるとまもなく 全快。藩はお礼に、薬師堂を再建、鰐口を奉納しました。 これが湯の川温泉の発祥といわれています。

函館の奥座敷湯の川の語源は、アイヌ語の「ユ(湯)+ペツ(川)」からきているというのが定説です。 当初の温泉は湯量も少なく、温度も低かったので広くは知られていま せんでしたが、明治18年に石川藤助が100度以上毎分140リットルの 温泉を掘り当て、明治19年に湯治場を開業以降、入浴客が増え、それ に伴い料理店・宿・商店などが建ち並び、湯の川は賑わい始めます。 明治20年には現在の電車通も開通し、歓楽地として栄えることになり ました。

現在函館は毎年450万人が訪れ、宿泊客270万人のうち、 130万人程が湯の川温泉に宿泊します。近隣には北海道で唯一の国指定名勝の香雪園(見晴公園)、日本で最 初の女子修道院・トラピスチヌ修道院、借景のある根崎海 水浴場、温泉に入るサルがいる熱帯植物園、松倉川など、 散策や行楽にふさわしい函館観光の拠点となっています。





湯の川温泉の湧出量は日量7,000トン(毎分4,861リットル)以上の湯量を誇っており、そのうち函館市が 所有・管理する源泉が9本、民間所有の源泉が13本の合計22本あります。湯の川では井戸水を掘ろ うとしても、100mほどの掘削で温泉が出てしまいますので、雑排水に井戸水を利用したいという試みが できない地区でもあります。
湯の川温泉の源泉温度は井戸によって多少の差異はありますが、平均して65度前後あり、高温の温泉です

函館・湯の川・大沼・鹿部エリアの魅力・観光スポット. 新幹線開業で注目が高まる際的観光エリア. 函館山からの国夜景で有名な函館は、北海道を代表する観光都市。いにしえの面影を残すエキゾチックな街並みに、五稜郭、元町地区の教会群などの名所や観光スポットが数多く点在し、名湯・湯の川温泉から眺める海峡のいさり火もロマンチックです。近隣の大沼国定公園は、気軽に北海道の自然を堪能できるリゾートとして人気。
350年余の歴史を誇る名湯「湯の川温泉」をより多くのお客様にお楽しを体験してください。



-アジア, カップル, 一人旅行, 北海道, 国定公園, 夏休み, 女子旅, 家族旅行, 日本, 温泉, 道南
-, , , , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.