アジア カップル 一人旅行 世界自然遺産 世界遺産 夏休み 女子旅 家族旅行 日本 有形文化財 東北 温泉 青森

青森・古牧温泉の旅

更新日:



【温泉リゾートの一典型として旅行新聞社の「行ってみたい観光地」10年連続1位】

090705_152911




本州の一番北に位置する青森県。世界遺産の白神山地をはじめとして、奥入瀬渓流や八甲田など、豊かな自然が楽しめる観光スポットがたくさん!田んぼアートで有名な田舎館村や、酸ヶ湯などの上質な温泉、人気のおしゃれスポット十和田市現代美術館も外せませんね。もちろん定番の恐山、弘前城もお忘れなく!りんごや大間マグロなどグルメも旅の楽しみですね。

古牧温泉のある公園はおよそ22万坪もの広大な敷地に、野鳥の訪れる深い森と、有形文化財に指定されたレトロモダンな「旧渋沢邸」、馬屋と住居が一体となった「南部曲屋」や、光陰を写す池水など、爽やかさと懐かしい郷愁を誘う風情ある景観が広がる。収穫体験を楽しめる農園や、馬の佇む牧場、南部赤松の林を眺めて足を休める小路の足湯など、心を休めてゆっくりと過ごす休日には、もってこいの場所だ。





古牧温泉渋沢公園
かっぱ沼を中心とする73万平方メートルの公園。沼畔の散策路沿いに保存建築その他が点在する。付帯施設として、岡本太郎記念公園、旧渋沢邸、古民家南部曲屋などがある。旧渋沢邸は、1887年に東京・深川に建てられた渋沢栄一邸で、1909年に東京・三田に移転し、戦後、政府に物納され、大臣官邸、共用会議所として使われたのち、当地に移築されたものして使われたのち、当地に移築されたもの。

歴 史
渋沢家の元書生、秘書で、渋沢栄一、渋沢敬三らに仕えた杉本行雄は、十和田観光電鉄を退職し、十和田開発株式会社を興した。十和田奥入瀬観光の拠点として、この地の観光開発を志し、ボーリングの結果、湧出量豊富な源泉を掘り当てた。

古牧温泉は、温泉リゾートの一典型として評価された。旅行新聞社の「行ってみたい観光地」10年連続1位に輝くなど、古牧グループの経営戦略は時流に乗った。しかし、経営拡大路線に転じて、バブル期の奥入瀬渓流温泉のホテル建設によって負債を抱え、経営努力にもかかわらず、2004年11月経営破綻。ゴールドマン・サックス主導で経営再建が行われることが決まった。
(Wikipedia 引用)

-アジア, カップル, 一人旅行, 世界自然遺産, 世界遺産, 夏休み, 女子旅, 家族旅行, 日本, 有形文化財, 東北, 温泉, 青森
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.