アジア カップル 一人旅行 三重 中部 夏休み 女子旅 家族旅行 日本 東海地区 温泉

三重・伊勢志摩温泉の旅

更新日:

【二千年の歴史を誇る町、伊勢】




伊勢志摩サミット行いを、いま世界から注目を集める三重県伊勢志摩・ 鳥羽エリア。観光スポットといえば、天照大神を祀る国内神社の最高峰「伊勢神宮」は あまりにも有名。
観光スポットといえば、天照大神を祀る国内神社の最高峰「伊勢神宮」はあまりにも有名。他にも、お伊勢参りとセットで楽しめる寺社仏閣やご当地グルメも豊富で、家族連れに大人気の「鳥羽水族館」、地中海リゾート気分が味わえるお洒落スポットも充実。

海に浮ぶ 真珠筏とリアス式海岸が描く眺望は、碧色に、茜色にと朝・昼・夕・夜とそれぞれ異なる 情景を映しだします。

「志摩温泉郷」という呼び名は、元々は志摩市内の温泉を宣伝するために設立されたPR団体の名称であったが、2006年秋にはPR団体は解散。現在この名称でPR活動を行う温泉はない。





志摩市内には浜島町に7施設、阿児町に2施設、磯部町に2施設、大王町に1施設の合計12の温泉施設があり、その中の7施設でPR団体は構成されていた。はじまりは、前(株)志摩スペイン村社長の後藤啓一が2001年の志摩スペイン村天然温泉「ひまわりの湯」オープンを契機に発起人となり、温泉のイメージが弱い志摩エリアを共同でPRしようと、合歓の郷、メルパール伊勢志摩(平成19年3月末で営業終了)、浜島町の4つの旅館(旅情館・紫光、ホテル志摩石亭、宝来荘、シーサイドホテル鯨望荘)と設立したもので、このため志摩温泉郷事務局は(株)志摩スペイン村内にあった。

志摩市内では志摩町を除き温泉が湧出しているが海辺での温泉採掘が多いため、シーサイドホテル鯨望荘の「くじらの湯」と、志摩スペイン村天然温泉「ひまわりの湯」(2施設ともアルカリ性単純泉)以外は全てナトリュウム泉であり、無色から鉄分による褐色を若干帯びた湯が多い。湧出した湯は、主にホテルや旅館で使われており、またほとんどの施設で宿泊客以外でも有料での温泉利用が可能である。

また、浜島温泉などは湯の販売も行っている。これにより、志摩市内では一般家庭でも入浴が可能であるが、ナトリウムの濃度が極めて高いため、薄めないと湯沸かし式の浴槽では湯沸かし器を傷める原因にもなる。
(Wikipedia 引用)



-アジア, カップル, 一人旅行, 三重, 中部, 夏休み, 女子旅, 家族旅行, 日本, 東海地区, 温泉
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.