3P遺跡 アジア ヨルダン 世界文化遺産 世界遺産 中東 中東三大遺跡 新・世界七不思議 立憲君主制国家 西アジア

ヨルダン・ペトラ遺跡新・世界七不思議の旅

更新日:

【何百年も忘れ去られていた不思議な古代都市】

ヨルダン・ハシミテ王国、通称ヨルダンは、中東・西アジアに位置する立憲君主制国家である。首都はアンマン。イスラエル、パレスチナ暫定自治区、サウジアラビア、イラク、シリアと隣接する。イスラエル・パレスチナ暫定自治区とはヨルダン川と死海が境である。立憲君主制をとり、イスラームの預言者ムハンマドの従弟アリーとムハンマドの娘ファーティマの夫妻にさかのぼるハーシム家出身の国王が世襲統治する王国である。

ペトラ遺跡は、ヨルダンにある遺跡。死海とアカバ湾の間にある渓谷にある。死海から約80km南に位置する。またペトラとは、ギリシャ語で崖を意味する。1985年12月6日、《ペトラ遺跡》をユネスコの世界遺産(文化遺産)へ登録2007年7月、新・世界七不思議に選出。《新世界七不思議》・ユネスコ公認であるかのように誤解を招く表現を使用していたことに対する批判もあり、最終結果の発表に先立つ2007年6月20日、ユネスコは、「新・世界七不思議」が世界遺産やユネスコとなんら関係ないと声明を発表した。新・世界の七不思議については、幾度も支援依頼を受けたが、協力しないと決められた。

ペトラ遺跡はヨルダンにある世界遺産で、ペトラとは、ギリシャ語で『崖』を意味しています。2000年以上前にこの地に定住したアラブ人の一族ナバテア人は、切り立つ岩壁を削り、大都市を建てました。

ホテル、ビジターセンター、ジン・ブロックス、オベリスクの墓 、エル・ムスリム・トンネル、Al-Madras、シーク 、エル・カズネ 、エル・カズネ 、ファサードの道、ファサードの道、ファサードの道、ローマ劇場 、ウナイシュの墓、アーン(壺)の墓 、コリントの墓、宮殿の墓、北の壁、セクスティウス・フロレンティヌス墳墓 、Conway Tower、トゥルクマニヤの墓、トゥルクマニヤの墓、ニンファエウム、列柱通り 、翼を持ったライオンの神殿、翼を持ったライオンの神殿、凱旋門、カスル・アル・ビント、博物館、採石場 、Umm al-Biyarah (墳墓群)、エド・ディル (Ad Deir) 、エド・ディル (Ad Deir) 、Jabal al-Deir (山)、犠牲祭壇、南の壁、水路、ドロセウスの家、Mughr an-Nasarah (墳墓群)、Al-M'aysrah (聖域)、ビクリニウム、ライオン・トリクリニウム、Isis (聖域)、Umm al-Biyarah 、ヘビのモニュメント、ヘビのモニュメント、Wâdi al-Nmayr 、庭墓 、墳墓、ワシの壁龕、Al-Wu'eira Fort、大神殿 、エル・ハビス、ダム、ビザンティン教会 、Jabal al-Khubtha (山) 、Wadi Siyagh 、シルクの墓 、ローマ兵の墓 、トリクリニウム 、ライオンのモニュメント 。



(Wikipedia 画像等 引用)

ペトラはかつて、商業や交通の要地として栄え、古代東方文化とヘレニズム文化との融合が見られる建造物や彫刻が多くあります。また、何の目的で作られたかもはっきりしないものが多く、謎に満ち溢れています。
ペトラ内への電動車両の乗り入れは禁止されています。そのため、乗り物を利用する場には馬か馬車に乗ることになります。このペトラ遺跡は、中東三大遺跡と呼ばれると同時に中東の3P遺跡とも呼ばれています。

『ヨルダン1 世界遺産ペトラ遺跡』


『ヨルダンの観光名所|トップ観光旅行ガイド』

『ルダン・ぺトラ遺跡』

『ヨルダン・ペトラ遺跡:エド・ディルからの帰りの下り道』

-3P遺跡, アジア, ヨルダン, 世界文化遺産, 世界遺産, 中東, 中東三大遺跡, 新・世界七不思議, 立憲君主制国家, 西アジア
-, , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.