アジア 国の重要文化財 国民公園 外国人が選らんだ 日本 東京 東京都選定歴史的建造物 関東 関東地区

2017年度外国人に人気の日本の観光スポットベスト10 ランキング 第7位

更新日:

【国際的な旅行者2017による日本のアトラクション 第7位】


卒業旅行


新宿御苑(しんじゅくぎょえん)は、東京都新宿区と渋谷区に跨る環境省所管の庭園である。

もともとは江戸時代に信濃高遠藩内藤家の下屋敷のあった敷地である。 1879年(明治12年)に新宿植物御苑が開設され、宮内省(現在の宮内庁)の管理するところとなったが、第二次世界大戦後は一般に公開され、現在は環境省管轄の国民公園として親しまれている。2006年(平成18年)に、「新宿御苑」の名を冠してから100周年を迎えた。開園100周年事業の一環として、絶滅が危惧されている植物の保護センターを設置することが計画されている。

例年4月には内閣総理大臣主催の「桜を見る会」、11月上旬には環境大臣主催の「菊を観る会」が開催される。大正天皇・昭和天皇の大喪の礼が執り行われた場所でもある。







明治5年、政府は内藤家から上納された土地と買収した隣接地を合わせた58.3haの敷地に、我が国の近代農業振興を目的とする「内藤新宿試験場」を設置しました。明治39年のことです。皇室の庭園として造られました。





隣接する東京都立新宿高等学校の敷地は、1921年(大正10年)にこの新宿御苑の土地の一部が東京府へ下賜されたものである。

昭和10年代になると戦争の影が御苑を覆い始め、昭和20年5月の空襲では旧御凉亭と御休所を残して、ほぼ全焼という大きな打撃を受けました。戦後、一時東京都立農業科学講習所高等科が設置されたこともありましたが、昭和22年12月、新宿御苑は皇居外苑、京都御苑とともに国民公園として運営される旨が閣議により決定し、昭和24年5月21日に「国民公園新宿御苑」として一般に開放され、昭和25年に厚生省の所管となりました。

昭和46年7月の環境庁の発足にともない、全国の国立公園などとともに所管を環境庁に移しました。そして平成13年1月の省庁再編により環境省に所管を移し、平成18年に「新宿御苑」という名に冠してから100周年を迎え、現在に至っています。
(Wwikipedia  引用)

『Walking around Shinjuku Gyoen Japanese Gardens, Tokyo - Long Take【東京・新宿御苑】 4K』

『新宿御苑の空撮』

-アジア, 国の重要文化財, 国民公園, 外国人が選らんだ, 日本, 東京, 東京都選定歴史的建造物, 関東, 関東地区
-, , , , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.