カップル フランス ヨーロッパ 一人旅行 世界文化遺産 世界遺産 共和国 女子旅 家族旅行 西ヨーロッパ

フランス・モン・サン・ミッシェル 人生で一度は行ってみたい絶景ランキング Best100 日本・世界

更新日:

第15位 フランス・モン・サン・ミッシェル

「西洋の驚異」とも称されて美 しすぎる修道院

モン・サン=ミシェル(Mont Saint-Michel)は、フランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島、及びその上にそびえる修道院である。モンサンミシェルとも表記する。





カトリックの巡礼地のひとつであり「西洋の驚異」と称され、1979年には「モン=サン=ミシェルとその湾」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録され、1994年10月にはラムサール条約登録地となった。

ノルマンディー地方南部・ブルターニュとの境に近いサン・マロ湾はヨーロッパでも潮の干満の差が最も激しい所として知られる。

潮の満ち引きの差は15メートル以上ある。

このため、湾の南東部に位置する修道院が築かれた岩でできた小島はかつては満ち潮の時には海に浮かび、引き潮の時には自然に現れる陸橋で陸と繋がっていた(トンボロ現象)。

島の入口には潮の干満時刻を示した表示があり、満潮時には浜に降りないようにと記されている。

最も大きい潮が押し寄せるのは満月と新月の28-36時間後といわれており、引き潮により沖合い18kmまで引いた潮が、猛烈な速度で押し寄せる。

このためかつては多くの巡礼者が潮に飲まれて命を落としたといい、「モン・サン=ミシェルに行くなら、遺書を置いて行け」という言い伝えがあった。

1877年に対岸との間に地続きの道路が作られ、潮の干満に関係なく島へと渡れるようになった。

しかし、これによって潮流をせき止めることとなり、100年間で2mもの砂が堆積してしまった。

急速な陸地化(陸繋島化)が島の周囲で進行しており、島の間際まで潮がくることは滅多になくなりつつある。かつての姿を取り戻すべく2009年には地続きの道路が取り壊され、2014年に新たな橋が完成した。



Wikipedia  引用

-カップル, フランス, ヨーロッパ, 一人旅行, 世界文化遺産, 世界遺産, 共和国, 女子旅, 家族旅行, 西ヨーロッパ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.