https://gforex.asia/vip/87331/

アルゼンチン 一人旅行 世界自然遺産 世界遺産 南アメリカ 国立公園 連邦共和制国家

アルゼンチン・ペリト・モレノ氷河 人生で一度は行ってみたい絶景ランキング Best100 日本・世界

【第24位 アルゼンチン・ペリト・モレノ氷河】

ドンと崩れ落ちる大河

南米大陸の南緯40度以南の地、パタゴニア。

その南部にアルゼンチンの世界自然遺産、スペイン語で「氷河」を意味するロス・グラシアレス国立公園はあります。

太平洋の湿気を含んだ風がアンデスの山々にぶつかり、大量の雪を降らせ、積もった雪が圧力で氷結し氷河を形成。

ロス・グラシアレスは47もの氷河群を擁する、南極大陸、グリーンランドに次ぐ世界で3番目の面積を持つ氷河地帯です。

冬の最低気温が比較的高いため氷が溶けやすく、再氷結を繰り返しながら、速い速度で移動するロス・グラシアレスの氷河群。

なかでもアルヘンティーノ湖に流れ込むペリト・モレノ氷河は、中央部で1日に約2mも移動し、「生きている氷河」と呼ばれるほど非常に活発な氷河です。

先端部で轟音とともに崩壊し湖になだれ込み、やがて水蒸気となり、雪となって舞い降り、再び氷河を形成していきます。

ペリト・モレノ氷河の氷は気泡が少なく、透明度が高いため、青い光だけを反射し、氷河トレッキングやクルーズで間近に見ると、神秘的なブルーの輝きを放ちます。





12月から3月の夏の間は、氷河が崩落する瞬間に立ち合えることも。乾いた音とともに氷柱に亀裂が走り、静まり返った湖面に地響きを立て崩れ落ちる氷塊。

数万年の長い旅路を終えた氷河を見ながら、氷河入りウイスキーで乾杯! 悠久の時が創造した氷河のオンザロックは格別な味がします。



-アルゼンチン, 一人旅行, 世界自然遺産, 世界遺産, 南アメリカ, 国立公園, 連邦共和制国家
-, , , , , , ,

© 2020 日本世界で行ってみたいところ