イギリス カップル ヨーロッパ 一人旅行 世界文化遺産 世界遺産 同君連合型 女子旅 家族旅行 連合王国

イギリス・ビックベン 人生で一度は行ってみたい絶景ランキング Best100 日本・世界

更新日:

【第50位 イギリス・ビックベン】

イギリスのイメージとも言える時計台

ビッグ・ベン (Big Ben) は、イギリスの首都ロンドンにあるウェストミンスター宮殿(英国国会議事堂)に付属する時計台の大時鐘の愛称。現在では、転じて時計台全体・大時計そのものの名称として使われている。

首都ロンドンにあるウェストミンスター宮殿に付属する時計台の愛称。正式名称は「エリザベス・タワー」。



「ロンドンといえばビックベン」とまでいわれ、人が多すぎて埋もれてしまうこともあるが、それを差し引いても圧倒される美しさ。ロンドン名物の2階建てバスと一緒に写真を撮るのがおすすめ。

周辺の建物も美しく、世界の中心として永く時を刻んできた歴史を感じることができる。

1834年に焼失したウェストミンスター宮殿の再建には、チャールズ・バリーの設計したゴシック復興様式のものが採用された。そして、宮殿の設計責任者であるバリーは併設する時計台の設計をオーガスタス・ピュージンに依頼した。

 

そのため時計台は初期のピュージンによる設計を髣髴とさせるものとなっている。

累計会員数480万人を誇る友達作りコミュニティー【エキサイトフレンズ】会員登録プログラム



時計台の高さは96.3m。下部の61mは煉瓦造、残りの高さは鋳鉄の尖塔からなっている。時計の文字盤は地上55mに位置している。

地下鉄ジュビリー線の延伸などで地盤状態が建設時とは変化し、時計台はわずかに北西へ傾いている。

傾斜度は約1/250、文字盤の位置でおよそ220mmほどである。また、熱の影響で一年かけて東西方向に数mmぶれる。

wikipedia  引用

-イギリス, カップル, ヨーロッパ, 一人旅行, 世界文化遺産, 世界遺産, 同君連合型, 女子旅, 家族旅行, 連合王国
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2020 All Rights Reserved.