アジア カップル マレーシア 一人旅行 世界自然遺産 世界遺産 女子旅 家族旅行 東南アジア 立憲君主制国家

マレーシア・キナバル山 人生で一度は行ってみたい絶景ランキング Best100 日本・世界

更新日:

【第66位  マレーシア・キナバル山】

東南アジア独立峰の最高峰を誇る、マレーシア・ボルネオ島のキナバル山。

キナバル山(キナバルさん、マレー語: Gunung Kinabalu, 英: Mt.Kinabalu)は、ボルネオ島北部、マレーシア領のサバ州にある山である。

標高 4,095.2mはマレーシアの最高峰である。

キナバルとは、マレー語でキナは中国、バルは未亡人の意味。キナバル山付近には、中国の王子とその未亡人の伝説も残っている。

広東の漁師兄弟が台風で遭難、当地に漂着し、現地妻を娶った後、兄がホームシックで北上航海に出たが その後音信が途絶え、現地に残された妻がこの山にのぼってマレーへ帰る船影をさがしたという伝説も伝わる。



実際にはカダザン語のアキ・ナバル(祖先の霊る山)がなまってキナバルになったという説が有力である。

1851年、プラントハンターのヒュー・ローによって初登頂を果たされる。

ヒュー・ローは76種の新種の植物を採取した。世界でも有数の生物多様性に富み、6000種以上の植物と100種以上の哺乳類が確認されている。

山頂には、花崗岩による独特の岩場が広がっている。

また山の麓は、熱帯雨林特有のジャングルとなっている。

熱帯雨林から高山帯までの特異な動植物が数多く存在している。

【エキサイトフレンズ】で自分にそっくりなオリジナルアバターを作って友達を増やそう♪



山麓のジャングルでは、世界最大の花とも言われるラフレシア、食虫植物として有名なウツボカズラが原生している。

山域は、キナバル自然公園として、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されている。

キナバル山のあるサバ州の旗には、キナバル山が描かれている。

Wikipedia  引用

-アジア, カップル, マレーシア, 一人旅行, 世界自然遺産, 世界遺産, 女子旅, 家族旅行, 東南アジア, 立憲君主制国家
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.