カップル クロアチア ヨーロッパ 一人旅行 世界自然遺産 世界遺産 共和国 国立公園 女子旅 家族旅行 東ヨーロッパ

クロアチア・プリトヴィツェ湖群国立公園 人生で一度は行ってみたい絶景ランキング Best100 日本・世界

更新日:

【第69位 クロアチア・プリトヴィツェ湖群国立公園】

大小16の湖と92箇所の滝

プリトヴィツェ湖群国立公園(プリトヴィツェこぐんこくりつこうえん)は、クロアチアの国立公園の1つであり、ボスニア・ヘルツェゴビナ国境に近いプリトヴィツェ湖群市(Plitvice Lakes municipality)に位置する。

大小16の湖と92の滝がエメラルドグリーンの幻想的な景観を作り出しており、1979年にユネスコの世界遺産に登録された。

プリトヴィッチェ湖群国立公園、プリトヴィチェ湖群国立公園、プリトビチェ湖群国立公園などとも表記される

人類は、この地では数千年来暮らしている。

人種も多様でイリュリア人、トラキア人、ケルト人、イアピュデス人、古代ローマ人、アヴァール人、スラブ人、テュルクなどがかわるがわる住み着いた。

1528年に一帯はオスマン帝国領となり以降オーストリア帝国が奪取するまでの約150年の間、オスマン帝国の支配下にあった。オーストリアはその後、一帯を軍政国境地帯に取り込んだ。

この地にはその頃既にクロアチア人が住んでいたが、オスマン帝国の抑圧から逃れてきたセルビア人たちも住み着いた。

19世紀後半には、プリトヴィツェ湖群は一大観光地となった。

1896年には最初のホテルが建設されたが、それに先んじて早くも1893年には今日の国立公園当局の前身である保全委員会が組織されていた。

1949年にはユーゴスラビア政府が湖群を国有化し、国立公園を設定した。

この国立公園はその傑出した自然美を評価されて、1979年にユネスコの世界遺産に登録された。

プリトヴィツェ国立公園はユーゴスラビア時代には最も人気のある観光地のひとつだったが、1991年3月にはクロアチア紛争の最初の武力衝突であったプリトヴィツェ湖群事件(Plitvice Lakes incident)の舞台となった。公園はクロアチア内で独立を宣言していたクライナ・セルビア人共和国(Republic of Serbian Krajina)の軍隊が占領し、ホテルや周辺施設をバラックとして使用した。

この過程で一帯はいくらかの損害を蒙った。

1995年8月になって、クロアチア紛争を終結に導いた嵐作戦(Operation Storm)の際にクロアチア軍が一帯を奪還した。

この戦争に伴って、ユネスコはプリトヴィツェ湖群国立公園を危機遺産リストに登録した。

クロアチア政府はこの国立公園の観光地収入の大きさに鑑みて、一帯の地雷撤去を最優先課題のひとつとして取り組んだ。

ユネスコは1997年12月に地雷の撤去が進んでいることと、セルビア人分離独立派の占領からも解放されていることから危機遺産リストからの除去を決定した。

今日のプリトヴィツェ湖群国立公園は、クロアチアでも最大級の観光地となっている。

1997年には国立公園の範囲が100.2km2拡大され、それを受けて世界遺産の登録範囲も2000年に拡大された。

Wikipedia  引用

-カップル, クロアチア, ヨーロッパ, 一人旅行, 世界自然遺産, 世界遺産, 共和国, 国立公園, 女子旅, 家族旅行, 東ヨーロッパ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.