イスラエル 一人旅行 世界文化遺産 世界遺産 中東 女子旅 家族旅行

イスラエル・エルサレム旧市街 人生で一度は行ってみたい絶景ランキング Best100 日本・世界

更新日:

【第76位 イスラエル・エルサレム旧市街】

紀元前1,000年頃に建国された古代イスラエル王国の都

エルサレム旧市街(はイスラエルのエルサレム市中にある旧市街で、面積は0.9km2 の区画で、城壁に囲まれている。

1860年代までは、この旧市街がエルサレムの全体であった。

エルサレムはいくつかの歴史的な宗教における重要な遺跡を含んでいる。

ユダヤ教徒にとっての神殿の丘と嘆きの壁、キリスト教徒にとっての聖墳墓教会、ムスリムにとっての岩のドームとアル=アクサー・モスクなどがそれである。

伝統的に、旧市街は19世紀になって導入された4つの区画に分けられている。

ムスリム地区、キリスト教徒地区、ユダヤ教徒地区、アルメニア人地区である。1981年に世界遺産として登録された。



紀元前11世紀にダビデ王がエルサレムを征服する以前には、この街はエブス人の本拠地だった。聖書は、この街が堅固な壁に守られた重厚な城塞都市であったと描写している。

ダビデ王が支配したことで「ダビデの街」(Ir David)として知られた当時の街は、現在の糞門外側の旧市街の壁の南東にあったと考えられている。

ダビデの息子のソロモン王は都市の壁を拡大した。

その後、ペルシャ帝国領時代の紀元前440年ごろ、ネヘミヤがバビロンから戻り、市壁を再建した。

西暦41年から44年にかけては、ユダヤの王アグリッパが「第三の壁」として知られる壁を建造した。

1219年に、市壁はダマスクスのスルタンのMu'azzimによって完全に破壊された。

1229年にはエジプトとの条約によって、エルサレムは神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世の手に渡った。

1239年には市壁の再建が始まったが、壁はケラクの首長Da'udによって再び破壊された。

1243年にエルサレムは再びキリスト教国の勢力下に入り、市壁も修復された。



累計会員数480万人を誇る友達作りコミュニティー【エキサイトフレンズ】会員登録プログラム

しかし、翌年にはホラズムが都市を陥落し、市壁をまたも破壊した。これによって、彼らは都市を無防備に置くという大打撃を与える形になった。

現存する旧市街の市壁は、スレイマン1世によって1538年に建造されたものである。

長さは約4.5 km、高さは5 - 15 m、厚さ3mになる。

全体では、旧市街の市壁は43の見張り塔、11の門(うち7つは現在開放されている)を含んでいる。



Wikipedia  引用

-イスラエル, 一人旅行, 世界文化遺産, 世界遺産, 中東, 女子旅, 家族旅行
-, , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.