カップル キューバ ラテンアメリカ リゾート地 一人旅行 女子旅 家族旅行 社会主義共和制国家

キューバ・バラデロ人生で一度は行ってみたい絶景ランキング Best100 日本・世界

更新日:

【第82位 キューバ・バラデロ】

爽やかな空、コバルトブルーの海に眩しい砂浜の南国ビーチ

累計会員数480万人を誇る友達作りコミュニティー【エキサイトフレンズ】会員登録プログラム

もとは欧米のVIPの別荘地として愛されたリゾートでしたが、近年は開発が進み、デラックスクラスホテルやアクティビティーが充実したキューバ最大のビーチリゾートとして知られる様になりました。

ホテルでのマリンスポーツや民芸品が並ぶ市街の街歩きなど、思い思いにバケーションをお楽しみください。

バラデーロ(スペイン語: Varadero, スペイン語発音: [baɾaˈðeɾo])は、キューバのリゾートタウン。

自治体としてはマタンサス州カルデナス(英語版)に属する。バラデーロはキューバ有数の観光地であり、国の経済に貢献している。

1887年12月5日に町が建設され、1976年7月3日に単独の自治体となった。

バラデーロは白砂の海岸が20kmに渡って続くリゾートタウンである。

60以上のリゾートやホテルを有し、年間100万人以上の観光客を集めるキューバ最大の観光地である。

バラデーロを訪れる観光客の中心はカナダ人、ヨーロッパ人、ラテンアメリカ人である。

バラデーロを訪れるアメリカ人観光客は増加しているものの、アメリカ政府はキューバ入国に規制を設けている。

今日のバラデーロでは41のホテルが計12,142室を有しており、14%が5つ星、63%が4つ星、23%が3つ星と2つ星である。

多くのホテルはメリア(英語版)(スペイン)、バルセロ(英語版)(スペイン)、TRYP(英語版)(スペイン)などの外国企業との共同所有物として運営されている。



キューバの観光業は世界に解放され、経済事情などが理由で国内の他地域から人々が訪れたため、この地域の人口は増加した。

その一方で、バラデーロは社会的・文化的生活や地域の伝統の多くを失っていった。

キューバ人や外国人が主導権を握ったホテル中心型の包括的観光が進展した結果、映画館や文化施設があったセントラルパークは放棄され、最終的には廃止された。

バラデーロ最大の観光資源は海岸であるが、その他にも洞窟や容易にアクセスできる岩礁などがある。

マタンサス州にはバラデーロ以外に文化的・歴史的・環境的な見どころもあり、近隣のマタンサスやカルデナス(英語版)の町、キューバ島の南岸にあるサパタ半島(英語版)、サン・ミゲル・デ・ロス・バニョス(英語版)のリゾート地などがある。

スクーバダイビング、深海釣り、ヨット、その他のウォータースポーツのための施設を有している。



Wikpedia 引用

-カップル, キューバ, ラテンアメリカ, リゾート地, 一人旅行, 女子旅, 家族旅行, 社会主義共和制国家
-, , , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.