カップル ペルー 一人旅行 世界文化遺産 世界遺産 共和制国家 共和国 南アメリカ 女子旅 家族旅行

ペルー・リマ  人生で一度は行ってみたい絶景ランキング Best100 日本・世界

投稿日:

【番外 103 ペルー・リマ】

1535 年にフランシスコ・ピサロによって建設されたリマ

リマ(スペイン語: Lima)は、ペルー共和国の首都並びに政治、文化、金融、商業、工業の中心地である。

人口約800万人で同共和国最大。

南米有数の世界都市であり、2016年の近郊を含む都市圏人口は1,095万人であり、世界第29位である。

チャラと呼ばれる海岸砂漠地帯に位置する。





市街地は、植民地時代に建てられた建物が多く残るリマ・セントロ地区(1988年、ユネスコの世界遺産に登録)、それより海岸側の新市街(サン・イシドロ地区・ミラフローレス地区など三輪モトタクシー乗入れ禁止の端整で裕福な地域)、それらの新旧市街地を取り巻く複数の人口密集地域(第二次世界大戦後に発展)、以上の三つに分類できる。

リマは1535年にインカ帝国を征服したスペイン人のコンキスタドール、フランシスコ・ピサロによって築かれた。

リマの名前の由来は市内を流れるリマック川(río Rimacが訛ったもの)に由来すると言われているが、当初の名前は"La Ciudad de los Reyes"(諸王の街)であった。

リマの大聖堂「Catedral (カテドラル)」。

世界遺産であるリマ旧市街・歴史地区の中心に佇むこの美しい建造物は、南米大陸最古の大聖堂です。



インカ帝国を滅ぼしたスペイン人侵略者フランシスコ・ピサロが、植民地支配を本格始動するその拠点としてリマを建都したのが1535年。

同時に、カトリック布教の中心となるカテドラルの建設も開始しました。

現在カテドラルがそびえ建つこの場所は、インカ皇帝シンチ・ロカの子孫にあたるシンチ・プマという王子の宮殿があった場所だったと言われています。

1540年3月11日、すでに完成していたその教会に初めて聖体が安置されました。

ペルーで最も重要な教会が献堂された日です。

Wikipedia  引用

-カップル, ペルー, 一人旅行, 世界文化遺産, 世界遺産, 共和制国家, 共和国, 南アメリカ, 女子旅, 家族旅行
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.