カップル ドイツ ヨーロッパ 一人旅行 中西欧 女子旅 家族旅行 連邦共和制国家

ドイツ・ガルミッシュパルテンキルヘン  日本・世界のスキー場美しい15選

投稿日:

【ドイツ・ガルミッシュパルテンキルヘン】

ミュンヘンの南、バイエルン アルプスの山間にある静かな町

ガルミッシュ=パルテンキルヒェン(Garmisch-Partenkirchen)はドイツ連邦共和国のバイエルン州に属する都市である。

1936年冬季オリンピック、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンオリンピックが開催されたことでも知られる。人口は約27,000人である

オーストリアとの国境近く、ツークシュピッツェ山の北麓に位置する。約80キロ北東にミュンヘン、約35キロ南東にオーストリアのインスブルックがある(ただし直線距離)。

ミュンヘン、ツークシュピッツェ、インスブルック、ロイッテに鉄道が通じる。

鉄道のガルミッシュ=パルテンキルヒェン駅と線路を隔てて、東がパルテンキルヒェン、西がガルミッシュである。

パルテンキルヒェンをパルトナッハ川が、ガルミッシュをロイナッハ川が流れており、街の北で合流する。

ガルミッシュ=パルテンキルヒェン始発のバイエルン・ツークシュピッツ鉄道で、ツークシュピッツェ山の山頂付近まで登ることができる。

途中駅のアイプ湖からはリッゲンバッハ式鉄道になる。終点駅からはロープウェーで山頂まで到達できる。

かつての冬季オリンピック(1936年)、アルペンスキー世界選手権(1978年、2011年)の開催地であり、現在もスキージャンプ週間第2戦の開催地でもあることで、ウィンタースポーツが盛んな場所として世界的に知られている。

Wikipedia  引用

-カップル, ドイツ, ヨーロッパ, 一人旅行, 中西欧, 女子旅, 家族旅行, 連邦共和制国家
-, , , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.