アメリカ カリフォルニア州 ヌーディスト・ビーチ 一人旅行 北アメリカ 女子旅 家族旅行

世界の解放的なビーチ ヌーディストビーチ  アメリカ:ベーカービーチ

更新日:

【アメリカ:ベーカービーチ】

アメリカ合衆国では、様々な地域で独自の服装規定が制定されている。

公共の場で裸になる事に関して、合衆国政府による規制は無い。

 

サンフランシスコのベーカービーチのように、連邦公園の中にヌーディストビーチがある場合もある。

競合管轄(concurrent jurisdiction)と呼ばれる規定により、連邦公園の監視員が州や地域の決まりを施行したり、所轄当局に通報したりすることができる。

YMCAが1960年代に女性の入学を認めるまでは、プールにおいて水着を着用することは禁止されていた。

また高校の水泳授業においても、同じような方針が採られることもあった。

それは水着の清潔さを保つことが、現実的には難しいことが理由であった。



誰もがみな平等に「生まれたままの姿」であり、それが閉じられた室内で行われる以上、同じ性別の者の裸を目にすることは奇妙なことではなく、性的な色合いも帯びていないと認識されていたため、このようなやり方は一般的であった。

2006年現在、裸での入場を義務付けている男性専用プールが多くある。



Wikipedia   引用

-アメリカ, カリフォルニア州, ヌーディスト・ビーチ, 一人旅行, 北アメリカ, 女子旅, 家族旅行
-, , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2020 All Rights Reserved.