お花見 カップル 一人旅行 北陸地域 女子旅 家族旅行 日本 特別名勝 石川

日本全国お花見名所 北陸地方 石川 兼六園

更新日:



【北陸地方 石川 兼六園】



国の特別名勝に指定されている。広さは約11.7ヘクタール。桜の名所100選に選ばれている。

17世紀中期、加賀藩により金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表する池泉回遊式庭園であり、岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで日本三名園の一つに数えられている。

百万石前田家の庭園として造られた特別名勝・兼六園は、水戸の偕楽園、岡山の後楽園とともに、日本三名園の一つに挙げられます。

ほぼ現在の姿に造園されたのは13代藩主斉泰の時代で、「兼六園」の名は宋代の詩人・李格非が書いた「洛陽名園記」に由来し、宏大・幽邃(ゆうすい)・人力・蒼古・水泉・眺望の六つを兼ね備える名園として命名されたと伝えられています。

冬の風物詩・雪吊りや梅苑の紅梅白梅など四季折々の自然と、代々の藩主たちによる絶え間ない築庭の妙が織りなす景観は、屈指の美しさと雄大さを生み出しています。

金沢市観光協会  引用

-お花見, カップル, 一人旅行, 北陸地域, 女子旅, 家族旅行, 日本, 特別名勝, 石川
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.