お花見 カップル 一人旅行 六義園 国の特別史跡 女子旅 家族旅行 日本 東京 関東地区

日本全国お花見名所 関東地方 東京 六義園

更新日:

極上の癒しを手に入れる
JTB【くつろぎの温泉宿】

【関東地方 東京 六義園】



六義園は造園当時から小石川後楽園とともに江戸の二大庭園に数えられておりました。

六義園のシンボル的存在のシダレザクラは高さ約15m、幅約20mあり、薄紅色の花が流れ落ちる滝のように咲き誇る。

元禄8年(1695年)、五代将軍・徳川綱吉より下屋敷として与えられた駒込の地に、柳澤吉保自ら設計、指揮し、平坦な武蔵野の一隅に池を掘り、山を築き、7年の歳月をかけて「回遊式築山泉水庭園」を造り上げました。

六義園は吉保の文学的造詣の深さを反映した繊細で温和な日本庭園です。

庭園の名称は、中国の古い漢詩集である「毛詩」の「詩の六義」、すなわち風・賦・比・興・雅・頌という分類法を、紀貫之が転用した和歌の「六体」に由来します。

庭園は中の島を有する大泉水を樹林が取り囲み、紀州(現在の和歌山県)和歌の浦の景勝や和歌に詠まれた名勝の景観が八十八境として映し出されています。

明治時代に入り、岩崎弥太郎氏(三菱創設者)の所有となった当園は、昭和13年に東京市に寄付されて一般公開されることになりました。

昭和28年3月31日に国の特別名勝に指定されました。

東京都公園協会  引用

-お花見, カップル, 一人旅行, 六義園, 国の特別史跡, 女子旅, 家族旅行, 日本, 東京, 関東地区
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.