japan 世界文化遺産 世界遺産 山梨 日本 甲信越地方

日本のパワースポット特集【山梨 北口本宮冨士浅間神社】

投稿日:

日本のパワースポット特集【山梨 北口本宮冨士浅間神社】

北口本宮冨士浅間神社は、山梨県富士吉田市上吉田にある神社。旧社格は県社で、現在は神社本庁の別表神社。

全国にある浅間神社の一社である。

富士登山道の吉田口の起点にあたり、「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産のひとつである「富士山域」の一部として世界文化遺産に登録されている。

景行天皇40年(西暦110年)、日本武尊ご東征の折、足柄の坂本(相模国)より酒折宮(甲斐国)へ向かう途中で当地「大塚丘」にお立ち寄りになられ、そこから富士の神霊を親しく仰ぎ拝され「北方に美しく広がる裾野をもつ富士は、この地より拝すべし」と仰せになりました。

よって大鳥居が建てられ、大塚丘に浅間大神と日本武尊をお祀りし、当社の創建となりました。

時代は下って、平安時代の頃に山岳信仰が普及し、登山を実践して修行する修験道が各地で広まるとともに富士講が出現し、発展するにつれ、御山に登ること即ち祈り、とする「登拝」によって、人々は山頂を目指すようになりました。

北口本宮冨士浅間神社HP  引用

-japan, 世界文化遺産, 世界遺産, 山梨, 日本, 甲信越地方
-, , , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.