japan 四国 愛媛 日本

日本のパワースポット特集【四国 愛媛 石鎚神社】

投稿日:

日本のパワースポット特集【四国 愛媛 石鎚神社】

石鎚神社は日本七霊山の一つ霊峰石鎚山を神体山(神しずまります山)とする御社にて、山頂に頂上社、中腹(7合目)に成就社と土小屋遥拝殿、
そしてJRや国道近くに位置する本社の、四社をあわせて石鎚神社といいます。
石鎚神社の拠点。瀬戸内海、しまなみ海道を見晴らす丘に荘厳な本殿、庭園のように手入れの行き届いた杜が息づきます。
国道11号やJR石鎚山駅にも近く、境内には駐車場、社務所、宿泊・会議のできる石鎚神社会館などの諸施設が整備されています。
年間を通して、ご本殿にて春夏秋冬の祭典、神事を行い、また一般の御祈願等を奉仕し、社務所では、統括した事務を執っています
石鎚信仰の母体、関西第一の高峰霊峰石鎚山(1982メートル)は、飛鳥時代(685年)に、役の行者(役小角・えんのおづぬ)によって開山されました。
その後、寂仙菩薩(じゃくせんぼさつ)が石鎚蔵王大権現(いしづちざおうだいごんげん)と称えて深く信仰。
山路を開き、登拝者を導き、常住社(じょうじゅうしゃ・今の中之宮成就社)を創立するに至りました。
その後、四国八十八ヶ所第六十番札所の横峰寺(よこみねじ)、同じく第六十四番札所の前神寺(まえがみじ)が常住社の別当寺(べっとうじ)となって、幕末、明治維新を迎え同時に明治天皇の大命により、神仏混淆が禁止され、別当寺が廃止となり石鎚神社と定められました。

-japan, 四国, 愛媛, 日本
-, , , , , ,

Copyright© 日本世界で行ってみたいところ , 2019 All Rights Reserved.